ブログ~はな風呂~

日常の記録 紹介などをしていきたいと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の水仙

今日のセリでなんともう水仙が出ていました。
暖かい国からやってきた輸入物ではなくて、
れっきとした、国産の日本水仙です。

大体、季節を先取りして市場に花は出てくるのですが、
この時期に水仙が出るんですよ。
いや~、流石に値段も大したものでした。
ちょっと仕入れてみたとシュミレーションしてみた。

お客「え?この時期に水仙のあると?珍しかね、
   3本ばっかりもらおうか」
自分「ありがとうございます。1本350円やけん、
   3本で1150円ですね。いつも買ってくれるし
   全部で1000円ちょうどでよかですよ」

多分、(゚Д゚)ハァ?って顔されて
ドン引きされるんだろうな…

実際に買っていく所は、生け花の先生を顧客に持っている人たち。
生け花などはっきりと用途が決まっている所でないと、
とてもじゃないと買えないお値段でした。
スポンサーサイト

Comment

 

こんばんは。

もう水仙ですか?
そうですよね。
お花やさんは、四季とともにありますよね。

実はうちの旦那の実家は、カーネーション栽培しているんですよ。
季節とともに、生活していますよ。

これからは、カーネーションはしばらくお休みです。
昔は、これからの季節はアルストロメリア栽培していたんですけどね、大変なので、今はカーネーションだけです。

こちらの花は、寒暖の差が激しいので、花の色の鮮やかさが付加価値なんですって。

あ、ごめんなさい、自分のことばかりで…。
  • posted by たっつみぃ 
  • URL 
  • 2010.11/24 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは
ついこの間、こちらで水仙の球根をいただいたことお知らせしましたのに、
もうお花になっちゃって、売っちゃっているんですね。
珍しいから、高額にもなりますよね。
先へ先へと行かれるのでしょうが、逆に季節感が・・・。

こんな私ですが、生け花少しだけやってたことあります。
元の御花をバシバシ切っていって、
いける方が少ない状態が切なすぎて、
すぐ辞めてしまいましたよ。
  • posted by aaconee 
  • URL 
  • 2010.11/24 21:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

私も。 

こんばんは。

もう水仙ですか?
水仙は新春のものだと思っていましたが、この時期からなのですね。
こんな私も実は、aacoさんと同じく、以前お花のお稽古をしていたことがあります。
水仙は活けるのが難しい。
でも、シンプルに活けられた、凛とした水仙を見るのは好きでした。
水仙を見ると冬だなぁと思います。

  • posted by aoakaki 
  • URL 
  • 2010.11/25 00:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: たっつみぃさん 

> こんばんは。
>
> もう水仙ですか?
> そうですよね。
> お花やさんは、四季とともにありますよね。
>
> 実はうちの旦那の実家は、カーネーション栽培しているんですよ。
> 季節とともに、生活していますよ。
>
> これからは、カーネーションはしばらくお休みです。
> 昔は、これからの季節はアルストロメリア栽培していたんですけどね、大変なので、今はカーネーションだけです。
>
> こちらの花は、寒暖の差が激しいので、花の色の鮮やかさが付加価値なんですって。
>
> あ、ごめんなさい、自分のことばかりで…。

いらっしゃいませ!
面白い話ありがとうございます。
紅葉や桜の開花に寒暖の差が影響するのは知っていましたが、
花の色の鮮やかさにも影響するのは知りませんでした。
まだまだ勉強が足りませんな~
佐久地方の花が市場に出ることがある時は
良く見ておかないといけませんね!
  • posted by Hana 
  • URL 
  • 2010.11/25 17:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: aaconee さん 

> こんばんは
> ついこの間、こちらで水仙の球根をいただいたことお知らせしましたのに、
> もうお花になっちゃって、売っちゃっているんですね。
> 珍しいから、高額にもなりますよね。
> 先へ先へと行かれるのでしょうが、逆に季節感が・・・。
>
> こんな私ですが、生け花少しだけやってたことあります。
> 元の御花をバシバシ切っていって、
> いける方が少ない状態が切なすぎて、
> すぐ辞めてしまいましたよ。

流石にこの時期の水仙はハウス栽培でしょうけどね~
手間暇や経費が掛かっているので、
高価なのも仕方がないでしょうかね。

aacoさんは生け花されていたんですか。

> 元の御花をバシバシ切っていって

さばさばした思い切りのいい性格が覗えますね。
アレンジメントの方に向いているんじゃないでしょうか?
  • posted by Hana 
  • URL 
  • 2010.11/25 17:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: aoakaki さん 

> こんばんは。
>
> もう水仙ですか?
> 水仙は新春のものだと思っていましたが、この時期からなのですね。
> こんな私も実は、aacoさんと同じく、以前お花のお稽古をしていたことがあります。
> 水仙は活けるのが難しい。
> でも、シンプルに活けられた、凛とした水仙を見るのは好きでした。
> 水仙を見ると冬だなぁと思います。

花市場には早め早めに季節の花がでますね。
生け花に使う花材は特にその傾向が強いような?
最近では花屋さんですら、生け花の先生をお客に
持っている所の人間以外は、あまり生け花の知識が
あまりない人が多いです。(自分も含む)
小原流を学んだ母によると、最近では生け花を
飾る床の間のある家が減ったため、
あまり需要が少なくなったため、とか。
日本の伝統文化なので守っていかないと
いけないとは思うのですけど…
  • posted by Hana 
  • URL 
  • 2010.11/25 18:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

hanayahana

Author:hanayahana
ようこそ!
はにゃにゃちは!はなです。

リンクフリーです。
物好きな方はご自由にどうぞ。

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。