ブログ~はな風呂~

日常の記録 紹介などをしていきたいと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒百合と戦国武将と水戸黄門とあさま山荘

黒百合
ちょっと珍しい花が入ったので写真に撮ってみた。
黒百合です。本州の高地で咲く花で、
こちらの方では珍しいので、仕入れてみました。

今回は、この黒百合にまつわる、季節的には
やや早いですが、少し涼しくなるお話でも一つ…。
ひっひっひ…

昔々のその昔、戦国時代のお話。
織田信長に仕え、戦功を重ねて、越中(富山)の
大名まで出世した佐々成政という武将がおったげな。
直情径行な猛将で、口の巧い豊臣秀吉とは、
同僚ながらそりが合わなかったそうです。

その佐々成政には小百合という寵愛する側室がおったのですが、
彼女が懐妊したことにより事件はおきます。
どうもそれが成政の他の側室に嫉妬されたようで、
あるとき成政の小姓の若侍が密通しているという噂が流れます。
これを聞いた成政は真に受けて激怒し、二人を惨殺してしまいます。
小百合はなんで自分が殺されなきゃならんのか分からなかったらしく、
「こんな目に合わせやがって!もしも立山に黒百合の花が咲いたら、
 佐々家が滅亡するんじゃからね!末代まで祟っちゃるけんね!」
と言い残して亡くなったと言われます。

その後、佐々成政は本能寺の変の後、政権を掌握した秀吉と対立、
敗れて領土を没収されますが、後に肥後一国の大名として返り咲きます。
しかし、現地の地侍と対立して、一揆を起こされてしまい、
その罪で再び領土没収されてしまいます。
この後、秀吉は一揆を起こしたことを口実に肥後の地侍を弾圧、
皆殺しにした後に腹心の加藤清正と小西行長を与えています。
つまり、一揆が起こることが分かった上で成政に肥後を与え、
彼と地侍両方を始末しようとした訳ですなぁ。

肥後の一揆の責任を一身に負わされて、成政は切腹を命じられます。
検視役が加藤清正だったあたりに秀吉の悪意を感じますなぁ。
佐々成政、53歳の生涯を閉じたとき、
立山では一面に黒百合が咲き誇っていたといわれます。

てな話を昔、恐怖新聞で読んだのを、黒百合を見たとき思い出しましたね。
一応念のために言っておきますが、恐怖新聞のマンガで読んだ、という事で、
恐怖新聞そのものを定期購読している訳ではないデスよ。

ちなみに小百合はそこまで性根が悪くなかったのか、
成政が死んですっきりしたのか、
「末代まで祟る」というマニフェストは実現されませんでした。
もともと成政には子供が早世していたので、直系の子孫はないのですが、
実姉の子孫が水戸徳川家に仕えます。これが佐々助三郎といい、
水戸黄門で活躍する佐々木助三郎のモデルとして知られています。
さらにその子孫が教育者で衆議院議員の佐々友房、
その子が政治学者で参議院議員の佐々弘雄、
さらにその子が警視庁に入庁し、あさま山荘事件で名を馳せた
現在、評論家の佐々淳行氏です。

あれ?滅びるどころか、むしろ栄えてない?
スポンサーサイト

Comment

クロユリ 

栽培品も見たことがありますが、元気だった昔、八ヶ岳県界尾根の梯子を下降中自生している花を見ました。
自生しているものは普通、皆さんが想像されているより、遙かに草丈も低くて小さな花ですね。
恐怖新聞ですか、『つのだじろう』さんの作品!怖かったですね。
  • posted by MK 
  • URL 
  • 2011.06/08 20:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

黒ユリでこれだけのバックボーン、
さすが歴史にお詳しいhanaさん。
これで、これからどこで黒ユリ見ても「末代まで祟る花」
と思うんだろうな~~。確か駒ケ岳かなんかで見たような
記憶があります。
佐々成政という人物、残念ながらあまり知らないわ~。
確かに栄えてるし、恐怖新聞、MKさんも読んでるし・・・
ちょっと興味そそられる新聞ですね。こわけど。
夜トイレやばいけど・・・
  • posted by aaconee 
  • URL 
  • 2011.06/08 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

黒百合とは珍しいですね。
初めて見ました。

へ~、花1つでこんなに話がつながっているのですねぇ。
ん~、不思議。

確かに、最後の方はかなり栄えてますね。
マニュフェスト、1つ失敗でしたね(笑)
  • posted by GG3SB 
  • URL 
  • 2011.06/09 01:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんは(^^)

佐々成政って、この時代のドラマではよく名前を聞くけど、
その後「佐々」って名字を聞かないよね~って思ったことが
あったんですよ。
思わぬところで、問題解決!
なんだか、とっても得した気分♪
しかし、ちょっとコワイ結末ですね(>_<)

それにしても、hanaさん、やっぱり物知りだなぁ~。
歴史の知識の宝庫。
歴史は、知れば知るほど面白くなっていきますもんね。
また、面白いお話があったら教えてください♪

黒百合ってあるんですね。
あんまり百合っぽくない感じ?
初めて見ました。
これも、見られて得した気分♪

  • posted by aoakaki 
  • URL 
  • 2011.06/09 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

すごいなぁ~(*'o'*) 

黒百合にまつわるコワいお話・・・
たっぷり堪能させていただきました。

歴史って、結局はヒトの思いが
重なりあって出来ているので
面白いのでしょうね~
それにしてもhanaさん、物知りだなぁ☆

きっと黒百合見る度に
このお話とhanaさんのことを
思い出すんだろうなぁ・・・

え? 黒百合なんてそんなに
見かけないって?(^▽^;)
  • posted by MILK 
  • URL 
  • 2011.06/09 22:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

歴史って面白いですね。
hanaさん歴史に詳しいなぁ。引き出しが沢山ありますね^^

黒百合は見るの初めてのような気がしますが、
これから見る度に、この話と恐怖新聞思い出しそう。
現在も繁栄していて良かったです。
滅びてたりしたら・・・ 怖すぎます。

  • posted by そな 
  • URL 
  • 2011.06/09 23:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: MK さん 

> 栽培品も見たことがありますが、元気だった昔、八ヶ岳県界尾根の梯子を下降中自生している花を見ました。
> 自生しているものは普通、皆さんが想像されているより、遙かに草丈も低くて小さな花ですね。

自分も実際に見てみると、花が小さいのにびっくりしました。
高山に咲く花だとは聞いていましたが、
実際に凄いところに自生しているんですね。

> 恐怖新聞ですか、『つのだじろう』さんの作品!怖かったですね。

恐かったですね~。
小さい時に読んだのですが、
今現在でも結構、トラウマになっています。
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: aaconeeさん 

> 黒ユリでこれだけのバックボーン、
> さすが歴史にお詳しいhanaさん。

いやー、マンガ(それも恐怖新聞)で得た知識なんですけどね。
でも、マンガで覚える事って結構ありますよね?
いい年してマンガが好きな事へのいい訳です。

> これで、これからどこで黒ユリ見ても「末代まで祟る花」
> と思うんだろうな~~。確か駒ケ岳かなんかで見たような
> 記憶があります。

自分の中ではもう20何年間、黒百合といえば
呪いの花になっています。
実際に高地で咲いている黒百合もみたいですね。

> 佐々成政という人物、残念ながらあまり知らないわ~。
> 確かに栄えてるし、恐怖新聞、MKさんも読んでるし・・・
> ちょっと興味そそられる新聞ですね。こわけど。
> 夜トイレやばいけど・・・

佐々成政はあまりドラマとかには出てこないですね。
出てきても新参の秀吉を苛める「嫌な先輩A」みたいな扱いだし…
「恐怖新聞」は古いマンガですが面白いですよ。
最近でも映画になっていますし、そちらを見るのもいいかも!
ひっひっひ…
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 17:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: aoakakiさん 


> 佐々成政って、この時代のドラマではよく名前を聞くけど、
> その後「佐々」って名字を聞かないよね~って思ったことが
> あったんですよ。
> 思わぬところで、問題解決!
> なんだか、とっても得した気分♪
> しかし、ちょっとコワイ結末ですね(>_<)

佐々成政は織田信長が生きている頃は割りと出番もあるのですが、
秀吉の時代になるとフェードアウトしてしまうんですよね。
成政が主人公のドラマってないし、秀吉を主人公のドラマになると
あまりに成政へのやりくちが酷いので書きづらいというのもあるのでしょうか?
信長と違って秀吉の闇の部分ってあまりドラマには出ないですね。

> それにしても、hanaさん、やっぱり物知りだなぁ~。

マンガとかで得た知識ばっかりですけどね(笑)

> 歴史の知識の宝庫。
> 歴史は、知れば知るほど面白くなっていきますもんね。
> また、面白いお話があったら教えてください♪

一人の人物を追っかけてみると、
思わぬ後半生を送っているのを知ったり
意外な人物と繋がっていたり、子孫にだったりして、
そういうのを見るのも楽しいですね。
自分の一生の道楽でしょうね~

> 黒百合ってあるんですね。
> あんまり百合っぽくない感じ?
> 初めて見ました。
> これも、見られて得した気分♪

実は自分も初めて見ました。
あまり見ないものはつい仕入れてしまいますね。
結構、ミーハーなのかも?
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 18:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: GG3S B さん 

> 黒百合とは珍しいですね。
> 初めて見ました。
>
> へ~、花1つでこんなに話がつながっているのですねぇ。
> ん~、不思議。

j自分もこれは初めてみました。
長崎に来ること自体、珍しいです。
もっともこの話を書きたいが為に、
黒百合を仕入れたとも言えますね(笑)

> 確かに、最後の方はかなり栄えてますね。
> マニュフェスト、1つ失敗でしたね(笑)

「華麗なる一族」といっても過言ではないですね。
小百合さんが「呪う」と「祝う」を間違えたのではないかというのが
私の推理するところです。
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 18:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: MILK さん 

> 黒百合にまつわるコワいお話・・・
> たっぷり堪能させていただきました。

ちょっと怪談にはいささか時期が早いですが
お楽しみいただけたでしょうか?

> 歴史って、結局はヒトの思いが
> 重なりあって出来ているので
> 面白いのでしょうね~
> それにしてもhanaさん、物知りだなぁ☆

以前に書いた「食指が動く」のエピソードもそうですが、
人間が感情の動物であることは昔から変わらないと思うんです。
歴史上の人物も感情を持った普通の人間だと感じることが出来れば
昔の英傑達にも親しみを感じ、歴史を楽しめると思います。

> きっと黒百合見る度に
> このお話とhanaさんのことを
> 思い出すんだろうなぁ・・・
>
> え? 黒百合なんてそんなに
> 見かけないって?(^▽^;)

他の方々に頂いたコメントを見ると、
八ヶ岳や駒ケ岳で見れるそうです。
なかなかこの話を思い出す機会は少なそうですね~
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 18:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: そなさん 

> 歴史って面白いですね。
> hanaさん歴史に詳しいなぁ。引き出しが沢山ありますね^^

引き出しが多いというか、この話がしたくて
黒百合を買って来たようなものです(笑)

> 黒百合は見るの初めてのような気がしますが、
> これから見る度に、この話と恐怖新聞思い出しそう。
> 現在も繁栄していて良かったです。
> 滅びてたりしたら・・・ 怖すぎます。

自分は既に「黒百合=恐怖新聞」になっています。
前にこのことを調べてみたら、滅びるどころか
むしろ繁栄しちゃっていて、ちょっと笑いました。
同じような話で四谷怪談の田宮家の話もありますが、
それはまたいずれしたいと思います。
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/10 18:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

クロユリの伝説☆ 

hanaさま☆ こんばんは~
先週、趣味のトールペイントでクロユリを描きました。
先生が、愛が成就するというかわいい伝説を紹介されたのですが、「ネットで調べるとね、怖~いお話もあるのよ;^^」と言ってらっしゃった意味が、今、ここで、はっきりしました(笑)
なんか強烈っスよね;^^
絵的には、結構気に入ってたんだけどな~(笑)
  • posted by cinquante 
  • URL 
  • 2011.06/11 22:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: cinquante さん 

> hanaさま☆ こんばんは~
> 先週、趣味のトールペイントでクロユリを描きました。
> 先生が、愛が成就するというかわいい伝説を紹介されたのですが、「ネットで調べるとね、怖~いお話もあるのよ;^^」と言ってらっしゃった意味が、今、ここで、はっきりしました(笑)
> なんか強烈っスよね;^^
> 絵的には、結構気に入ってたんだけどな~(笑)

おー!恋の話は知らなかったですね!
早速、調べてみたら、アイヌにそういう伝説があるんですね。
良い事を知りました。ありがとうございます!
受ける印象が強い花なので、
色々な受け捉え方をされるのでしょうね。
花言葉が「恋」と「呪い」というのも強烈ですね~!
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/13 18:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

hanaさん版「歴史が動いた」…
いつもながら、いいですね~!
ひとつ物知りになった気がします!感謝感謝♪

佐々成政とすけさんと佐々敦行さんがご親戚??
いや、世界は狭い…って、ちょっと違うか…(笑)

最近物忘れが激しいそらまめですが、
クロユリを見て、その系図を思う出すことができるかな?

  • posted by そらまめ 
  • URL 
  • 2011.06/14 10:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: そらまめさん 

> hanaさん版「歴史が動いた」…
> いつもながら、いいですね~!
> ひとつ物知りになった気がします!感謝感謝♪

黒百合に秘められた歴史、楽しんでいただけたでしょうか?
色々なアプローチが出来るのも歴史の楽しさですね。

> 佐々成政とすけさんと佐々敦行さんがご親戚??
> いや、世界は狭い…って、ちょっと違うか…(笑)

改めて名前を並べると、なんとも濃い面々ですね。
なんとなく血がつながっているのが分かるような
気がしません?

> 最近物忘れが激しいそらまめですが、
> クロユリを見て、その系図を思う出すことができるかな?

何かに関連付けて物を覚えるのは、
物忘れにはいいそうですね。
黒百合の花を見たら、6代目助さんの東幹久さんや
佐々敦行さんの顔を思い出すようにすればいいかも!
  • posted by hana 
  • URL 
  • 2011.06/17 18:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

hanayahana

Author:hanayahana
ようこそ!
はにゃにゃちは!はなです。

リンクフリーです。
物好きな方はご自由にどうぞ。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。