ブログ~はな風呂~

日常の記録 紹介などをしていきたいと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒の魔境・扇町で弱肉強食のおぞましい惨劇を見た!

我々、Asty探検隊は伝説の魔獣ハナピカリャーの姿を求め、
今日も秘境扇町のジャングルを分け入って行く。
そんな我々の耳の、
「フギャー!」
と言う、身の毛もよだつ鳴き声が入った!
急いで現場へ向かう我々は恐るべき光景を目にした。

決闘①
うなり声を上げて二頭の猛獣がにらみ合う。
まるで、
「ワレ、目障りなんじゃ!往生せいや!
「誰に向こうて物言うとるんじゃ。吐いた唾のまんとけや
そう言っているかのようである。

しばらく睨み合った後、小柄な茶色と黒のブチ猫が、
思いかけない行動にでた!

猪木・アリ状態
少し走って、おもむろにそのまま寝転がったのだ。
隊員「隊長、腹を見せました!これは降参のポーズでしょうか?」
隊長「いや!あの状態は確か…」
寝転がったまま、小柄な方の猫は鳴き声をあげてトラ猫を挑発する。
そしてトラ猫が近寄ると、寝たまま攻撃を繰り出す!
隊員「隊長、この体勢は、この前ハナピカリャーが見せた…」
隊長「そう。猪木・アリ状態だ

参照

しばし硬直状態が続いたあと、2匹の猫は、
我々に気づき、こちらを見るではないか!

魔獣二頭

隊長「うっ…。まるでプロレスのマスクを被ったような…。
   なんと禍々しい容貌だ…。
   この魔境には、ハナピカリャーだけではなく、
   こんな恐ろしい生き物もいるのか」

ブチ猫「せっかくじゃれて遊んでるのに、
    ジロジロ見るなよ~。邪魔だよう」

何かを訴えるように我々に不気味なうなり声をあげる。
隊員「…た、隊長、何を言っているのでしょうか」
隊長「恐らく、己の領域を侵した我々への警告だろう…。
   この地に長く留まるのは危険だ。帰るぞ!」

魔境・扇町にはまだまだ人知の及ばない未知の領域が数多く残されている。
それを解明する為の我々の旅はまだまだ続くのだ。

魔境に弱肉強食の光景を見た!


スポンサーサイト

Comment

 

私の家の周辺でも、よくこういう光景をみかけます。
私が見た場合、一目散に走り去っていきますが・・・
  • posted by GG3S B 
  • URL 
  • 2010.08/14 23:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

> 私の家の周辺でも、よくこういう光景をみかけます。
> 私が見た場合、一目散に走り去っていきますが・・・
今回の撮影も、逃げられないよう近づき過ぎず、
あまり写真が小さくならないよう遠すぎず、
間合いをとるのが難しかったです。
  • posted by hanayahana 
  • URL 
  • 2010.08/16 12:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

hanayahana

Author:hanayahana
ようこそ!
はにゃにゃちは!はなです。

リンクフリーです。
物好きな方はご自由にどうぞ。

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。